スキンケア@丸わかりガイド

スキンケアについてのポイントをご紹介!


明日のためのスキンケア

毎日のケアをしていても、いろいろの刺激やストレスで、肌はかなり
疲れるものです。週1回程度のスペシャルケアができればベターですね。
あるいは、素は特別だと言うとき、スペシャルケアをしませんか?
時間をかけて、リラックス気分を維持することです。では、どんな
スペシャルケアがあるのでしょう。

「蒸しタオルパック」はもちろんですが、ほかにも「ポイントマッサージ」
・「保冷剤パック」・「美容液パック」など、行なってください。ご自分
が気になる部分にとくに重点をおくことです。

では詳しくご紹介しますね。

1)蒸しタオルパック
蒸しタオルで血行が良くなり、新陳代謝が盛んに行なわれますので、
毛穴が開き、汚れが落ちやすくなります。汚れが気になる時は、石けん
洗顔の前にもしてみてください。タオルではなく、熱湯を入れた洗面器
からの湯気に2〜3分顔に当てておくのもいいです。本当は普段からすると
いいのですよね。

2)ポイントマッサージ
ご自分が気になるところはどこでしょう?目元、あご、額や口元、
むくみ・くすみなど、老けた印象もイヤですね。いやなところを刺激
すれば、肌は少しでも活き活きしてきます。

その方法は、

@手を温めましょう。冷たい手では効果が半減だからですし、指が滑り
やすくなります。美容液かジェルを必要な部分に乗せてください。

Aマッサージ剤で一番は、油分のない美容液かジェルです。出来るだけ
油分の少ないものにしてくださいね。油分が肌に残ると、酸化して
過酸化脂質となり、結局シミやくすみ、老化の原因になるからです。

B顔全体にマッサージをしますが、決して強すぎることのないように
気をつけましょう。肌を傷めるのは、避けねばなりません。

3)保冷剤パック
ほてった肌は油脂が過剰に分泌する心配があります。冷蔵庫で冷やして
おいたぬれタオルに冷やした保冷剤をはさんで、2〜3分顔にのせて
おきましょう。開いた血管が収縮しますし、ほてりむくみを解消して
くれます。暑い夏帰宅後など、一瞬の手入れでとても爽やかになりますね。

4)美容液パック
もちろん美容液を顔全体に塗ることは必要ですが、その後、美溶液を
含ませたコットンで、自分のきになるところをパックする方法は手軽で
気に入ってます。保湿効果が高まり、翌朝のその部分の状態がとても
いい具合になっているなんて、経験ないでしょうか?私は今、これを
毎晩・・いえ、最低これだけを毎晩していますが、乾燥肌にはとても
いいと思います。

ここだけはチェック!スキンケアのポイント!

スキンケアの第一歩はクレンジングだと言われております。 メイクをきちんとおとし、次へ進めるためのクレンジング剤 には、いろいろの種類があります。 たとえば、オイル・乳液・ジェルのように触感の違いからの タイプと肌質に合ったタイプのものがあります。   クレンジング剤の選び方のページへ