スキンケア@丸わかりガイド

スキンケアについてのポイントをご紹介!


美容液の塗り方

十分補給した化粧水の水分を美容液で保持しましょう。美容液は肌の
うるおいを保ちますので、小ジワの予防にも大いに役に立つものです。
すべての肌トラブルの原因として、保湿不足があげられるように、
水分が不足すると、乾燥肌になって角質層がめくれて、肌荒れや
カサつきのトラブルにつながります。

そこで、化粧水で水分を補給するのですが、部屋が乾燥したりして
いると、肌の水分はどんどん蒸発していきます。それを防ぐのが美容液
ですが、化粧水よりも保湿成分がずっと濃度が高い物を美容液と言います。

美容液の選び方は、ノンオイル表示のものがお勧めです。肌にハリを
出す、シワを防ぐなど、種類によっていろいろですが、顔全体をみずみず
しくするためには、ノンオイルの保湿美容液の方が安心です。しっとり
しても脂っぼくてはいやですよね。

使い方は、日中の肌チェックの時に、乾燥しているかどうか確認して
みることからはじめましょう。こんなときには、翌朝、朝のケアの
美容液の量を増やすことをお勧めします。乾燥しやすい部分に重ねづけ
をするといいと思います。季節や肌の状態に応じて、美容液を上手に
使うことが大事です。

美容液は少量でも、よくのびる物が良質です。ほんの2,3滴を顔全体
に伸ばしましょう。と同時に、30秒程度でいいので、マッサージを
行って見てください。血行がよくなり、肌のツヤがよくなりますよね。
やさしくマッサージするわけですが、とくに鼻の下・目頭・こめかみなど、
ご自分の機になるところを刺激して、水分の代謝を促しておくことです。
又、美溶液を塗る順番は特に決まっておりませんが、乾きがちな目元、
口元、頬などは丁寧に塗りましょう。

ここだけはチェック!スキンケアのポイント!

スキンケアの第一歩はクレンジングだと言われております。 メイクをきちんとおとし、次へ進めるためのクレンジング剤 には、いろいろの種類があります。 たとえば、オイル・乳液・ジェルのように触感の違いからの タイプと肌質に合ったタイプのものがあります。   クレンジング剤の選び方のページへ