スキンケア@丸わかりガイド

スキンケアについてのポイントをご紹介!


化粧水の塗り方

ここでは化粧水の塗り方について解説していこうと思います。
どれだけいい化粧水を使っていても使い方を間違えば意味がありません。
化粧水は静かには肌にしみこませましょう。ではその方法です。

1)手のひらがお勧めです
手に取るかコットンでパッティングするとき、コットンであれば
ひたひたになるまでしみこませましょう。手でつけるときは、手を
清潔にすることをお忘れなく。手のひらは刺激が少ないので通常は
お勧めしますが、敏感肌の方の場合、手が荒れていない稼動か、
確認してくださいね。

2)顔全体にたっぷりと
コットンの場合は、ピタピタと軽くパッティングすること。手を使う
ときは、やさしくしずかに。力を入れたり、摩擦が加わると、皮膚温度
が上がり、皮脂の分泌を促してしまいます。手のひらの化粧水を、
そっと肌にのせるつもりで。広い部分は、しっかり水分補給できても、
目のきわ・口角・ロのまわりなども忘れないでください。水分不足から
シワがでやすくなるのですか、指先を使い狭い部分へもそっと押さえる
ようにしみこませましょう。

3)部分的に特に注意したいところには、
水分をコットンにしみこませて、そのままその部位に乗せておきましょう。
私の場合は、眉間のしわの部分に10分間ほど、このコットンを乗せて
おきます。保湿だけでも十分すると、翌朝のしわが軽くなっているのが
わかりますよ。化粧水の塗り方は、肌の温度を上げないようにしながら、
静かにたっぷりあたえることですね。

ここだけはチェック!スキンケアのポイント!

スキンケアの第一歩はクレンジングだと言われております。 メイクをきちんとおとし、次へ進めるためのクレンジング剤 には、いろいろの種類があります。 たとえば、オイル・乳液・ジェルのように触感の違いからの タイプと肌質に合ったタイプのものがあります。   クレンジング剤の選び方のページへ